試合

防具を選ぶには│最適な防具を装着して安全に剣道をしよう

このエントリーをはてなブックマークに追加

最初は頑丈なものを

構える人

剣道を始めるためには竹刀や防具などを揃える必要があります。部活動で始めるという人は、学校に竹刀や道具一式が用意されていることがあるでしょう。ですが、部員が多ければ使用できる道具は限りがあるため、全員が使用することができるという訳ではありません。それだけではなく、学校にある道具が全て新品ということは少なく劣化している状態がほとんどでしょう。練習することはできても、試合に出場することはできないことがあります。剣道の試合を始める前に軽量検査というものを行ない、この検査に引っかかってしまうと試合に出場することができなくなるでしょう。そのようなことがないように道具を揃えることが大切です。剣道は他のスポーツを比べて多くの道具を使用するため、揃えるとなると8万円ほどかかってしまいます。値段を抑えるために安いものを購入してしまうと、練習の時に劣化してしまうので注意してください。剣道の練習では実戦形式で行なうことが多く、そのため竹刀で防具を強く叩くことがあるので傷ついてしまうでしょう。すぐに傷ついて新しく購入するほうが、より多くの資金が必要になります。多少高くても頑丈なものを選べば、長く使用することができますし手入れをしっかりと行なうことでより長持ちします。ですから、防具を購入する際は値段が高くても頑丈なものを購入する必要があるのです。専門的で購入する際に、店員に相談すれば頑丈な道具を教えてもらえるので初心者の人は店員に選んでもらうことが大切です。